脇の多汗症手術の種類と費用

手術

多汗症はストレスなどから引き起こされるものです。

多汗症は体質改善や生活習慣の見直しで改善することが可能と言われています。

しかし、体質改善や生活習慣の改善には時間がかかります。

今すぐの効果を実感するには多汗症の手術があります。

以下に多汗症手術の種類と費用をまとめています。

手術なし!7日で多汗症を治す「7dayプログラム」

多汗症手術

脇下の多汗症でよく行われる手術は汗腺剪除法が一般的です。

文字通り脇の下の汗腺を切除したりレーザーで焼く方法ですが、施術自体は2時間程で終わります。

ただ治療に一週間以上かかるので、その間入院という方針の医院もあります。

手術の費用(保険適用と適用外)

費用ですが、保険適用で5万円以下、保険適用外で30万円程かかるとされています。

その他にも手足や背中・顔などの多汗症で行われる手術で交感神経遮断術という方法があります。

手術の種類

多汗症手術には主に2つの手法が取られています。

交感神経を切る施術法

施術時間は30分もかからず終わることが多いようです。
問題がなければその日のうちに帰宅できます。

費用の方は、保険を適用することができるので10万円程で手術を受けることができます。

ボトックス注射

厳密にいえば手術ではありませんが、手軽にできる「ボトックス注射」もあります。

ボツリヌス菌から抽出した成分を注射する方法で15分程度と短い時間で終わります。

こちらも当日帰宅でき、日常生活に支障をきたすことはありません。

費用は部位によって異なり、脇のみ保険適用で3万円程、適用外で10万円程度になります。

それ以外の箇所だと保険適用外なので、医院によってまちまちです。

また、ボトックス注射は失敗をすることもあるので、クリニックは慎重に選びましょう。

色々な方法がありますが、元々悪くない箇所に手を加えるというのはなかなか勇気がいることだと思います。

メリット・デメリットをよく考え、後悔のない決断をしてください。

このページの先頭へ