多汗症手術

手術室

多汗症の手術を受けようと悩んでいる方に是非読んで頂きたいことを書いていきます。

手術による失敗や後遺症などで新たな悩みを抱えてしまうケースも少なくありません。

特に注意したいのがETSという多汗症手術です。

ETSは交感神経を切るタイプの手術で、かなり慎重に考えないと後悔することになるかもしれません。

手術なし!7日で多汗症を治す「7dayプログラム」

ETSのリスク

ETSと呼ばれる多汗症手術は、活発な働きをする交感神経を切除して汗をかく信号を遮断するというものです。

悩んでいた部分の汗はピタッと止まるのでかなりの効果はあるのですが、後遺症として他の場所から汗が出る代償性発汗が生じてしまう可能性があります。

発汗は体温調節を担う大事な役割なので、発汗できなくなった分を他の部分で補おうとして起こるのです。

例えて言うなら、職場で突然の欠勤が出た時、欠けた分の人の仕事が割り振られて回ってくる様なイメージでしょうか?

さらに、他の部分からの発汗でも間に合わず、体内に熱がこもってしまい手術前よりも火照ったり、より暑く感じてしまうということもあります。

このような後遺症には個人差があり、どの程度とは断言できません。

手術のリスクを受け入れた上で、それでも構わないなら手術に踏み切るべきでしょう。

必ず医師としっかりと相談してみて下さい。
一度切除してしまった神経は二度と元には戻せません。

そのことも踏まえて、もう一度よく考えて後悔のない選択をされることが重要だと思います。

手術なし!7日で多汗症を治す「7dayプログラム」

このページの先頭へ