多汗症の判断基準

手術

自分が多汗症になっているかどうかわからないという人は多いと思いますが、いくつかの判断基準が存在します。

  • 汗が気になり頻繁に洋服を着替える
  • 洋服を絞ると汗が落ちてくる
  • 脇や手など身体の一部分だけ汗が多い
  • 緊張や恐怖など特定条件下で汗を大量にかく
  • 触った用紙がぬれるぐらいに汗をかく
  • 履いているソックスがびしょびしょになる

以上が多汗症の疑いがある症状になります。

必ずしも多汗症と診断できるわけではありませんが、疑いの可能性が高くなります。

多汗症の疑いがあるときは病院へ

多汗症かなと思った場合は皮膚科でしっかりと診察を受けましょう。

自己判断で決めることは非常に難しいです。
しっかりと医学的な見解から調べてもらうことで対処が出来ます。

手術なし!7日で多汗症を治す「7dayプログラム」

このページの先頭へ