多汗症の飲み薬

飲み薬

多汗症で、体の一部分だけでなくあらゆる場所から汗が噴出してしまうと処理が大変ですよね。

患部に塗るだけの薬やスプレーは汗で流れてしまって効果がないというのもよく聞きます。

塗り薬には塩化アルミニウムという金属物質が含まれているものもあるので、肌に合わずにひどく荒れてしまうと制汗対策どころではないと思います。

こういった方が最後に使ってみようと思うのが「飲み薬」です。
最も有名な汗を抑える飲み薬が「プロバンサイン」という飲み薬です。

プロバンサインとは?

プロバンサインは、全身の多汗症や頭まわりの汗に悩む方に効果があるとされています。

使用方法は簡単で、空腹時に飲めば5時間ほどの間は、汗が出なくなると言われています。

副交感神経に働きかけ消化器などの動きを抑える作用があるので、胃炎や十二指腸潰瘍の痛みも和らげてくれるそうです。

空腹時でも胃が荒れることもありません。

プロバンサインの副作用

副作用としては、のどの渇き・めまい・眠気・便秘などが起こることもあります。

運転されたり、危険な場所での作業をされる方は服用を気をつけた方がいいでしょう。

プロバンサインは処方箋でもらうこともできますが、通販などでも取り扱いがあるので購入できます。

大体100錠で3,000円ほどなので、手は出しやすい価格かと思います。
しかし、常時服用することはあまりおすすめできません

会社勤めの方になると眠気やめまいという副作用があるため注意しましょう。

汗の出る原因にも色々あり、緊張する場面で出るタイプの精神性多汗症の方は安定剤などを医師から処方してもらうのがいいかと思います。

飲み薬なしの汗解消方法

このページの先頭へ