ニオイでは判断できないワキガ

悩む女性

「もしかしてワキガかも…」

ワキガはニオイだけで判断は出来ません。

一番は病院で診断してもらうことですが、自分で簡単にできる基準を紹介したいと思います。

尚、ワキガを診てもらう場合はクリニックではなく病院にいくようにしましょう。

ワキガのセルフチェック

ワキガのセルフチェックは「耳垢」と「脇に白い粉がつく」を判断基準にしましょう。

耳垢で分かるワキガ
耳垢の判断基準として、耳垢の湿りぐあいがあります。

ワキガの人には耳垢が湿っている確率が非常に高いためワキガの判断基準になります。

耳にはアポクリン汗腺があるのですが、身体の中でも非常に少ないと言われています。

そのため耳垢が湿ってしまうぐあいの人はアポクリン汗腺が多いということになり、ワキガの可能性が高くなります。

汗をだす汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」があります。耳にはエクリン汗腺がなく、アポクリン汗腺しかありません。

脇に白い粉がつく
ワキガの可能性が高いのはアポクリン汗腺から分泌される物質と言われています。

アポクリン汗腺からでる汗は白っぽい汗です。
アポクリン汗腺からの汗が多いと、脇に固まって付着することがあります。

アポクリン汗腺が少ない人には出来ないと言われています。

ワキガ対策に!

ワキガ対策には市販の薬ではなく、体内から治す方法を選びましょう。

ワキガの症状が軽い場合は、ワキガ対策のスプレーなどでも対策は可能です。

ラポマインはワキガ対策向けの商品ですから良いと思います。

ただ重度のワキガの場合は、ワキガの人は根本からの対策が必要です。

このページの先頭へ