ワイシャツのシミ抜きは時間勝負!

ワイシャツ

ワイシャツの染み抜きは時間が勝負です!

ワイシャツの染み抜きは時間が経てばたつほどシミは取れなくなります。

シミがついてから早ければ早いほどシミは簡単にとることができます。

またシミの種類によっては自宅ではなくクリーニング(染み抜きをやっている)にお願いしなと取れないものもあります。

まずは自宅でやってみて、それでも取れないようならクリーニングにだしてみてください。

自宅で出来るワイシャツの染み抜き

  1. 叩き出しで汚れを吸い取る
  2. 台所用洗剤をつけてモミ洗い
  3. 酸素系漂白剤で浸け置き洗い

叩き出しでシミを取る手順

シミ抜きの基本はたたき出しで汚れを吸い取る方法です。

  1. シミのある下に白い布やティッシュを敷きます
  2. 水と洗濯洗剤を少しつけたティッシュで上から優しく叩きます

醤油やソースが付いた直後であればこれだけで綺麗に取れます。

もしも取れないときは洗濯洗剤ではなく、台所用洗剤を使うとより綺麗に取れます。

ちなみに、スチームアイロンのスチームを当てることでも汚れがとれます。

尚、ゴシゴシとこすると生地を痛める可能性もあるため可能な限り控えた方がいいと思います。

台所用洗剤のモミ洗い手順

叩き出しでとれない場合は台所用洗剤でモミ洗いで取れることもあります。

  1. シミになっている部分を水で濡らします
  2. 台所用洗剤をシミの部分に塗ります
  3. シミ部分を手でモミモミして洗います
  4. 汚れが落ちたら水で洗剤を洗い落として洗濯機で洗濯します

デリケートな繊維については洗剤を薄めて綿棒や柔らかめの歯ブラシでやりましょう。

襟や脇の皮脂汚れならクレンジングオイルでもみ洗いをするのも効果があります。

酸素系漂白剤で浸け置き洗い

漂白剤は最終手段です。
色物については色落ちすることもあるので注意して下さい。

私はボーダーのワイシャツのボーダーの色が消えて真っ白いシャツになった経験がありますから(笑)

綺麗に消えれば良いのですが、近くでみると薄っすらと青い色がみえていて結局捨てました。

そのためシミの部分だけを浸け置き洗いした方が安全です。例えば襟や袖の頑固な汚れなどに対してです。

  1. 50~60度のお湯を用意する
  2. 酸素系漂白剤を規定量いれる
  3. ワイシャツをいれて20~30分放置
  4. 洗濯機にいれて通常の洗濯をする

浸け置き洗いをする時間はテストをしてから色落ちをしないか確認をしましょう。

色落ちには要注意!!
色物はくれぐれもご注意ください。
ワイシャツに漂白剤が使えるか確認をしておきましょう。

分からない場合は、ズボンにいれる部分など目にみえない部分だけに漂白剤をつけてテストしてみることです。

それで色落ちがしなければ問題ないと思います。

襟や袖のシミ抜き方法

部分的なシミであれば酸素系漂白剤を溶かした水をシミ部分に塗りましょう。

綿棒や染み抜き棒で塗ると綺麗にシミ部分だけにできます。

その後、シミの下に白い布を敷いて、スチームアイロンかドライヤーで温めてみてください。

これで大抵のシミはとれるはずです。

このページの先頭へ