一年中気になる脇汗

悩む表情

脇汗が夏でも冬でも関係なく一年中気になる人も多いと思います。

普通なら夏だけと思いがちですが、冬の脇汗の方が臭いやすくなります。

汗は気にすれば気にするほど吹き出してくるものです。

夏よりも冬の汗が気になる、夏も冬も関係なく気になるという方は改善方法とあわせて参考にしてみてください。

夏よりも冬の方が臭い汗

夏よりも冬の汗が臭い理由はいくつかあります。

  • 夏よりも汗を意識しやすくなる
  • 寒くなると基礎代謝がアップする
  • 厚着になるため汗が蒸発しない
  • 水分の摂取量が夏よりも少ない
  • 汗腺の機能が鈍る

夏よりも汗を意識する

冬の汗は少しかいただけで意識してしまいます。

寒いのに何で?という気持ちがより一層汗をかく原因になります。

緊張して汗をかきやすくなるのと似ているかもしれません。

冬は基礎代謝がアップする

基礎代謝が高くなると少し動いただけで汗をかきやすくなります。

ただダイエットをしたいなという人はデメリットばかりではありません。

基礎代謝が高いため夏のダイエットよりも冬のダイエットの方が効率が良くなります

厚着で汗が蒸発しない

夏は薄着ですので通気性がよくなります。
そのため汗をかいても蒸発され、体臭は体外に放出されます。

しかし、冬服は素材も通気性が悪くなりますし、汗が蒸発されません。

そうすると臭いの原因となる細菌が残り徐々に繁殖します。
そのため臭いがキツくなります。

水分の摂取量が少ない

夏は喉が乾きやすく誰でも水分を摂取する量も多くなります。

水分の摂取が少ないと汗の塩分が濃くなり言ってみれば濃い汗をかくようになります。

夏よりも冬の方がベタベタしていると感じたことはありませんか?

これが塩分濃度が高い汗の特徴です。

汗腺の機能が鈍る

夏は公園のベンチに座っているだけでも汗をかきます。

近年は節電でオフィスが暑い会社も多いでしょうから事務仕事でも汗をかくのではないでしょうか?

一方で冬ですと座っているだけなら汗はかきません。
そのため汗腺の機能が鈍ってしまい、汗の質が下がります。

冬の汗を臭わなくする方法

汗は本来であれば無臭です。
細菌とあわさって嫌な臭いになります。

そのため細菌が繁殖しない環境を作ることが大切。
具体的には汗を吸い取りやすい素材のインナーを着たり、速乾性のあるインナーを着ると良いでしょう。

体臭が臭い場合は大半が生活が原因
適度な運動と野菜中心の食事を心がけるようにしましょう。

このページの先頭へ