洗っても臭いがとれない原因

洗濯機

洋服や下着類を洗っても臭いがとれないときに考えられる原因は2つ。

  • 衣類に皮脂汚れが残っている
  • 洗濯槽のカビや汚れがある

のどちらかの可能性が高くなります。

以下に洗っても取れない臭いの原因と対策方法を説明します。

衣類の皮脂汚れ

洗濯をしても衣類に皮脂などの菌が残留しているためです。

特に下着類や汗を拭くタオルで、臭いが取れないと悩む方は多いと思います。

どれだけ洗濯をしても臭いの原因となる細菌を除去しない限り意味がありません。

衣類の臭いは酸素系漂白剤とぬるま湯に効果があります。

液体よりも粉タイプ。
ワイドハイターなどが有名です。

洗濯で洗う前に浸け置き洗いをすると臭いがとれやすくなります。

ただし、柄物は色落ちする可能性もあるので素材を確認してからやりましょう。

柄物の場合は洗濯機で洗うときの水をお湯に変えて、酸素系漂白剤と一緒に洗うと良いと思います。

酸素系漂白剤は塩素系漂白剤よりも色落ちがしません。

洗濯槽のカビや汚れ

洗濯槽が汚れているといくら洗濯をしても意味がありません。

しかも何年も洗っていないと洗濯槽クリーナーだけでは汚れが取れません。

用意するのは酸素系漂白剤(粉末が望ましい)とゴミをすくうネットです。

ゴミをすくうネットは100円均一にも売っています。
無ければ面倒ですが鍋のお玉ですくっても良いです。

まず洗濯槽いっぱいにお湯をためます。
お風呂の残り湯でもいいですし、水を溜めた後に沸騰したお湯を継ぎ足しても大丈夫です。

とにかく水よりも熱いお湯の方が汚れが取れやすくなります。

その後は以下の流れにそって清掃しましょう!

  1. お湯をためたら酸素系漂白剤を500~1,000g、液体なら500ml投入します
  2. 洗濯機の洗いコースで5分ほど洗濯機を回します
  3. 脱水はせずに1~2時間放置します
  4. ここでカビや汚れが浮いてくるのでネットでゴミをとります
  5. 再度、洗濯機の洗いコースで5分ほど洗濯機を回します
  6. その後は12時間以上放置して、全ての工程(洗い・すすぎ・脱水)をおこないます
  7. 最後に洗濯物をいれないで通常の洗濯をして完了です

ユーチューブに動画もありますので参考までに。
https://www.youtube.com/watch?v=bZYHDg5ZEcI

このページの先頭へ