力をいれて洗うと逆効果!

石鹸

脇が臭うとついついゴシゴシと洗いがちです。

でもこれが逆効果になるんです。

皮膚には良い匂いをだす菌と悪臭をだす菌があります。

  • いい匂いをだす細菌が「表皮ブドウ球菌」
  • 悪臭をだす細菌が「黄色ブドウ球菌」

体臭はこの2つの菌が影響をしています。

いい匂いをだす菌がすごしやすい皮膚なら良い匂いがしますし、悪臭をだす細菌がすごしやすい環境なら臭くなります。

分かりやすくするため、

  • 良い匂いを出す菌を善玉菌
  • 悪臭を出す菌を悪玉菌

とします。

洗いすぎが臭い原因を作る理由

ゴシゴシを体を洗うと良いニオイを出す菌に必要な皮脂さえも洗い落としてしまいます

しかも、洗いすぎると皮膚の角質層が破壊され、皮膚が傷つき肌荒れを起こす原因にもなります。

善玉菌が減ると悪玉菌が繁殖しやすくなります。

そうなるとアンモニアやインドールといった悪臭を発生させることになります。

ゴシゴシ洗うことは必要な菌までも洗い流してしまうことになります。

お風呂に入るだけで菌は取れる

そこまでしなくても余分な汚れや皮脂は洗うことは可能です。

タモリ式入浴法で話題にもなりましたが、湯船につかれば体の汚れの80%は落ちると言われています。

福山雅治さんやローラさん、妻夫木聡さんも実践しているんだとか。

乾燥肌にも良いらしく、もちもち肌になったなんて人もいるそうです。

最もタモリ式入浴法はボディーソープを使わない美容法です。

どうしても気になるなら体を洗うときに石鹸の力だけで洗う方法がおすすめです。

泡立てネットで泡をつくって、泡だけで体を洗うのもいいですよ。

人間の体はよくできていて自ら修復する力を持っています。

是非、優しい洗い方をして体を元の状態に修復しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ